センターについて

応用衛星リモートセンシング研究センター設立までの経緯

平成17年度

  • JAXA との共同研究開始
  • インドネシア国立ウダヤナ大学・リモートセンシング海洋科学研究センターとの学術交流開始

平成19年度

  • 理工学研究科付属安全環境研究センターに「衛星リモートセンシング部会」設置

平成17年度

  • 文部科学省・宇宙利用促進調整委託費 「国際連携による衛星リモートセンシング人材育成」
  • ウダヤナ大学との間で、インターネットを用いた10科目の共同授業開始
  • ダブル・ディグリー・プログラム(DDP)開始

平成25~27年度

  • 文部科学省・宇宙利用促進調整委託費 「大学院の国際連携による衛星リモートセンシング人材育成」
  • 共同授業科目を12科目に
  • 対象国をタイ、ベトナム、マレーシア、フィリピン、東ティモールへ拡大

平成27~29年度

  • 日本学術振興会・研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)
  • 「衛星リモートセンシングによる防災・環境に関する東南アジア研究・教育拠点の構築」
  • 平成27年度に2回、平成28年度の1回の国際セミナー開催

平成27~30年度

  • 山口大学・新呼び水プロジェクト
    「時空間軸統合衛星リモートセンシング技術の 防災・減災への応用とその国際展開」に採択

平成28年4月1日

  • 理工学研究科付属安全環境研究センター「衛星リモートセンシング部会」を発展的に解消、創成科学研究科「応用衛星リモートセンシング研究センター」として活動へ。

平成29年2月1日

  • 山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター正式に設立
組織図

特色ある研究と国際連携

(1)インドネシア南米チリ、ペルーと国際共同研究を進めるために、以下の大学、機関とMOUを締結

  1. ブラビジャヤ大学(平成20年度)
  2. ウダヤナ大学(平成22年度)
  3. インドネシア財務省財政均衡総局(平成27年度)
  4. インドネシア国家防災庁(平成28年度)
  5. インドネシア気象気候物理庁)(平成28年度)
  6. インドネシア測量地図庁(平成28年度)
  7. コンセプション大学(平成27年度)(チリ)
  8. バルパライソ大学(平成27年度)(チリ)
  9. ペルー国立工科大学(平成28年度)(ペルー)
  10. ぺルー国立ラ・モリーナ農業大学(平成28年度)(ペルー)
  11. サン・マルコス大学(平成29年度予定)(ペルー)
  12. サン・イグナシア・デ・ロヨラ大学(平成29年度予定)(ペルー)
  13. ペルー国家防災庁(平成29年度予定)(ペルー)
    MOUの締結(財務省財政均衡総局)

(2)センチネル・アジアのデータ解析ノード(Data Analysis Node: DAN)としての国際貢献

日本の大学で最初のDANとなる。平成25年山口県北部の豪雨災害に始まり、多くの解析を実施。